カードローンの審査に通らない、いくつかの理由を教えて下さい?

anser

カードローンを利用するというような場合には、必ず事前に審査を通過しなくてはなりません。

審査の中ではそれぞれの消費者の情報が細かくチェックされることとなっており、ここでもし「借金の返済ができないリスクがある」と判断されてしまった場合には、残念ながら融資を受けることはできなくなってしまうでしょう。
それではどういった情報があると審査を通過できなくなってしまうのかと言うと、これにはいくつかのパターンがあります。
しかしカードローンの審査において最も注意しなくてはならないのが「信用情報に瑕疵がある」というような場合です。
信用情報とはそれぞれの債務者に対して与えられている、それまでの債務の返済などに関連する情報のこととなります。
この信用情報の中には「その債務者がこれまでどこからお金を借りたのか」ということや「どのように返済をしてきたのか」ということが細かく記録されており、その中で「短期間で何度も借入をしている」というような情報が記録されていたり、「返済の滞納をしたことがある」というようなことになってしまうと、審査はとたんに厳しくなってしまいます。
特に「短期間に複数の業者に対して新規契約の申込をしている」というような状況になってしまうと、その債務者に対しては「かなりお金に困窮している」というような判断をされてしまいますから、融資を受けることはほぼ不可能となってしまうでしょう。
さらに「金融事故情報が記録されている」という場合にも、致命的な影響が出てくることとなります。
金融事故には先に述べた返済の延滞のほか、自己破産や任意整理などの「債務整理」の情報などが該当しますが、こうした情報は「契約をしっかりと履行しなかった」という証拠になってしまいますから、情報が記録されている限りはカードローンは利用できないものとなってしまいます。
また「無職の状況にある」などで「収入が不安定になっている」と判断される場合にも、融資を受けることはできなくなります。
カードローンの審査を受ける際にはこうしたポイントにしっかりと注意をするようにしましょう。